ブラック・ミラー【おすすめNETFLIXオリジナル・ドラマ】


ざわひろ

個人的スコア 9点(10点中)
テクノロジーの進化を皮肉たっぷりにデフォルメしたSF。
いや、でもこれはデフォルメじゃなくて現実に近いのかも…
不思議で奇妙でゾクゾクする圧巻のオムニバス形式のドラマ。

「ブラック・ミラー」の基本情報

シーズン数 5
話数 各3~6話
1話あたりの時間 およそ45~70分
IMDb 8.8
URL https://www.netflix.com/jp/title/70264888

急速な進化を遂げたテクノロジーがもたらす歪みと人間の醜い業が交わる時、そこに広がるのは世にも不思議で奇妙な世界…。オムニバスで綴るSFシリーズ。
出演:ジェシー・プレモンス、クリスティン・ミリオティ、ジミ・シンプソン
原作・制作:チャーリー・ブルッカー
(Netflixより引用)

ここがポイント!

  • 1話完結オムニバス形式なので、どのシーズンのどの話から観てもOK。
  • 現代社会への痛烈な皮肉が超エッジ効いている。一歩間違えると、現実にも起こり得るのでは…?と不安を煽られる。
  • いろんなテイストの話があり、人によってどの話が好きか結構分かれる。これはどんな話何だろう?というワクワクドキドキが毎回ある。
  • 毎話入れ替わるキャストが豪華!

「ブラック・ミラー」おすすめエピソードと感想(ネタバレほぼなし)

いくつかのオススメエピソードを紹介します!
私のお気に入りはシーズン3です。S3は全エピソード好きですが、一応満遍なく厳選。

S1E1「国歌」

国民に人気抜群のスザンナ姫が誘拐された映像を見せられた英国首相。ツイッター文化を背景に犯人探しが始まる。犯人は誰なのか、そしてその目的は?
(Netflixより引用)

いきなりこれかよ!?っていう度肝を抜かれると思います。胸糞わっるー、オエーっていうのが正直な感想ですが、これ観て次からやーめたってならないでください。いろんな意味で一番最悪のエピソードかもしれないので。ですが、なんか観ちゃう、ってやつです。一番最初には観ないことをオススメします。なぜこれをシーズン1エピソード1に持ってきたのか…..w

S2E3「時のクマ、ウォルドー」

イギリスの2大政党である保守党と労働党の選挙戦が続く中、アニメキャラクターのウォルドーを出馬させようとテレビ業界の幹部が言い出し…。
(Netflixより引用)

絵に描いたような皮肉たっぷりバッドエンドです。

親しみやすいキャラクターが歯に衣着せぬ物言いで民衆の支持を得るが、キャラクターということはつまり演じる中の人がいるわけで、その中の人は….というところから、なるべくしてなるバッドエンドに向かっていきます。

人を食ったようなこの顔、イラっとします。

S3E3「秘密」

パソコンがウィルスに感染し、何者かに恥ずかしい秘密を握られた少年ケニーは、テキストで間断なく送られてくる無謀な命令に従うよう脅される。
(Netflixより引用)

このステッカー、まじで恐怖です。観ればわかります。どうしてこんなことになってしまったんだ…!?の連続で、どんどん悪い方向へと向かっていく主人公を見るのが辛くなりますが、最後どうなっちゃうの?という怖いもの見たさで観てしまうと思います。

S3E4「サン・ジュニペロ」

1987年、とある海辺の街で知り合った内気なヨーキーと社交的なケリー。狂おしいほど惹かれ合った2人は、時間も場所も超えて互いを求めるが…。
(Netflixより引用)

このドラマの中で初めてエミー賞を受賞したエピソード。バッドエンドが多いこのドラマでは、珍しくハート・ウォーミング系です。めちゃくちゃ感動しました。めっっっちゃ良い話じゃん、涙。話の途中でからくりに気付き始めてから圧倒されました。でも、ちゃんとブラック・ミラーならではのSF要素もあります。

ラストシーンの美しさったらないです。誰でも聴いたことがあるであろうBelinda Carlisleの「Heaven Is A Place On Earth」が流れるところ、最高です。

S4E1「宇宙船カリスター号」

始まった瞬間、これスター・トレック?という感じの世界観です。世界観だけは….。
ズバリ「恐怖」がテーマです。船長のパワハラモラハラっぷりは胸糞悪いですが、最後は一応?良い結果になるので、モヤモヤはしませんが、うーむ。
仮想現実と現実の混乱が、そう遠くない将来起こり得る事象何だろうなと思うと、めちゃくちゃく怖くなりました。

深い知識と勇気で乗組員を率いるロバート・デイリー船長。だが新たなメンバーが加わったことで、宇宙船に隠された驚くべき秘密が明らかになる。
(Netflixより引用)

俳優陣について

S1E2「1500万メリット」の主演は映画『ゲット・アウト』で主演を務めたダニエル・カルーヤ。

S3E6「殺意の追跡」はケリー・マクドナルドが登場。『トレインスポッティング』でお馴染みですね。最近だと同じくネットフリックスの『GIRI/HAJI』にも出ています。

S4E1「宇宙船カリスター号」の主演はジェシー・プレモンス。『FAGO』、『ブレイキング・バッド』など、顔を見れば、ああー、またこの人出てる!となること間違いなし。

S4E2「アークエンジェル」ではジョディ・フォスターが監督を務めています。

他にも、この人アレに出てたアノ人だ!みたいな役者がたくさん出てくるので、お楽しみに。

まとめ

ネットフリックスでおすすめのドラマは何?と人に聞くと、『ブラック・ミラー』と答える人はかなり多いと思います。

オムニバス形式なので観やすい上に、インパクトが強く、良い意味でも悪い意味でもあっと驚くような作品が多いので、記憶にも残りやすいです。気に入った話は何度でも観てしまうような中毒性もあり。