エリート【おすすめNETFLIXオリジナル・ドラマ】


ざわひろ

個人的スコア 8.5点(10点中)
とにかく眼福な上に、肝である結末に起こる事件までのストーリー展開が見事。
人間関係もミステリー要素も、盛りだくさんなのにまとまっていて観やすい。

「エリート」の基本情報

シーズン数 3
話数 各8話
1話あたりの時間 およそ45~60分
IMDb 7.6
URL https://www.netflix.com/jp/title/80200942

低所得層の学生3人がスペイン随一のエリート私立高校へ編入することに。ところが学内で富裕層の生徒たちとの間で衝突が起こり、やがて悲劇へと発展していく。
出演:ダナ・パオラ、イッツァン・エスカミーリャ、ミゲル・ベルナルデアウ
原作・制作:カルロス・モンテーロ、ダリオ・マドロナ
(Netflixより引用)

ここがポイント!

  • スペインの富裕層の高校生、セレブっぷりがハンパない。
  • 学園モノならではの恋愛と人間関係の要素が満載。
  • 結末が分かってるパターンのサスペンス。なぜそうなってしまうのか?が最後まで予測が難しい。
  • とにかく、美男美女わんさか出てくる。

あらすじと感想(ネタバレほぼなし)

あらすじ

労働者階級のサムエル、ナディア、クリスチャンの3人は、通っていた公立高校が原因不明の事故により崩落してしまう。奨学金を与えられ転入した学校は、スペイン随一の超エリート階級の生徒達が通う私立学校だった。

案の定冷たく扱われる3人だったが、サムエルはニヒルな雰囲気のマリナと仲良くなるが、彼女の父親はかつて通っていた学校の事件に関わっていた。傲慢な性格のマリナの兄・グスマンは、ガールフレンドのルーと共に、ナディアにあることをけしかけようとする。クリスチャンは貴族家系で幼い頃からのカップル、ポーロとカーラの間に割って入ろうとする。

一方、ナディアの弟・オマールは、ドラッグを売って自由気ままに暮らしてく中で、学校の有名なテニス選手でグスマンとポーロの親友のアンデルと仲良くなる。マリナとサムエルが親密になった頃、刑務所から出所し借金を抱えたサムエルの兄・ナーノが現れ、次第にそれぞれの関係性に変化が訪れ始めるのだった….。

感想

めっちゃくちゃハマりました。学園モノ、と聞くと抵抗感持つ人もいると思いますが、男女がイチャこいてるだけの話、恋愛と友情のいざこざばかりの学園モノとは一線を画しているので、先入観を持たずに観て欲しいですね。いろんな人間関係があり、複雑に絡み合って結末に向かっていく様が面白いです。

スペイン随一の超富裕層が通う私立学校、ってことなんですけど、破格のセレブっぷりです。ビバリーヒルズ青春白書とかゴシップ・ガールとかと似たような環境だと思うのですが、やっぱりヨーロッパ、というかスペイン、ラテン系の人種は色々早いなあ….って感じです。そんなところに、労働者階級の子供が転校してきたら、まあそりゃ色々起こるでしょうよ….ということなんですが。

軸はやっぱりサスペンスです。人、死にます。誰が死ぬのかも序盤で分かります。なんでそうなっちゃうの?という謎を追っていくスタイルのドラマです。

あと、まあみんな美男美女です。ラテンの血すごいなと思います。羨ましいです。

気になる人間関係

学園モノらしく、いくつもの人間関係が絡み合います!

サムエル&マリナ&ナーノ

お金持ちコミュニティくだらねぇ、と思っているマリナは転校してきたサムエルに早々に興味を持ちます。もちろんサムエルも結構すぐメロメロになります。
で、いい感じかと思いきや、サムエルに会いにきたマリナに遭遇するサムエルの兄、ナーノも、これまたマリナに惚れます。で、マリナも「兄貴かっこいいじゃん?」という感じに….。

カーラ&ポーロ&クリスチャン

幼馴染カップルのカーラとポーロですが、女公爵カーラ(超絶可愛い)は少々マンネリ気味。そこで投入されるクリスチャン。クリスチャンは脳筋なので、カーラに誘われてホイホイついていきます。それを見てムラムラするポーロ。なんじゃこりゃ。さて、この関係はうまくいくのか….?

グスマン&ルー&ナディア

グスマン(マリナの兄)とルーのカップルは、転校してきたナディア(敬虔なムスリム)を生意気なやつと見なし、ギャフンと言わせてやろうとします。が、その過程でグスマンは、あれ?ナディア?ってな具合に、興味を持っていきます。それに気づくルー。そして最初は嫌悪感を抱いていたナディアも少しずつグスマンに心を開くようになり….?

アンデル&オマール

出ました。エリート最高のカップルです。
アンデルはテニスの将来有望な選手ですが、どこかニヒルで、やってらんねーな、あーあ的なストレスを大麻でちょっと解消、という感じ。その売人が、サムエルとクリスチャンの友達でナディアの弟、オマール。2人は初対面の時点で、あっ…..!という雰囲気を感じ取ります。

オマールは割と最初から積極的でしたが、アンデルは置かれている自分の身分やらステータスやらがチラつき、なかなか踏み込めません。が、やっぱり好きという感情は抑えられない….!

カエタナ&ポーロ(シーズン2以降)

シーズン2から登場するカエタナ。これまた。お金持ちですが、謎が多いです。明るい子で、皆と打ち解けようと頑張ります。ルーは、一体何者??という感じで警戒心を持ちます。
カエタナについて語ると、ネタバレ必至なので、多くを語れませんが、色々あってポーロのことが好きです。さて、ポーロはどうする….?

ヴァレリオ&ルー(シーズン2以降)

ルーと異母兄弟のヴァレリオ。色々問題児ですが、家に戻ってきて学校にも復帰。こちらも、ネタバレ必至なので割愛しますが、どうやらルーのことが好き?ルーはどうなの?過去に一体何が?

レベカ&サムエル(シーズン2以降)

引っ越したグスマンたちの家に引っ越してきた新たな金持ち家族の娘、レベカ。どうやら成金で、どう見ても怪しい商売をしている模様….。家柄や育ちが良い訳ではないので、サムエルとすぐに仲良くなります。お金が必要なサムエルにバイトを持ちかけますが….?

カーラ&サムエル(シーズン2以降)

サムエルはある目的を持ってカーラに近づきます。が、やっぱりカーラは可愛すぎます。サムエル、カーラの色気に勝てず….!みたいなシーンがたくさんあって、笑えます。

そしてカーラ、あんたどんだけ魔性なのよ!?っていう。こんな人、誰なら満足すんのよ?と思いますわ。シーズン3で、レベカがアンデルに「女公爵(カーラ)にムラムラする笑」と言うと、ゲイのアンデルでさえ「俺とオマールでさえカーラにはムラムラする」と答えるシーンがあります。

ナディア&マリック(シーズン3以降)

なんと、ムスリムの男子がやってきます!もちろんナディアと仲良くなり、なんかすごい精神的にも成熟したいい男、に見えます。まあ、詳細は言えませんが、いい奴であることは確かです。

ナディアもシーズン3ぐらいになってくると、親に対してもかなり自分の言いたいことをバスっと言えるようになってきます、ようやく。

俳優陣について

ペーパー・ハウスと結構俳優陣がかぶっています。
詳細はペーパー・ハウスの記事でどうぞ。
ペーパー・ハウス【おすすめNETFLIXオリジナル・ドラマ】

ペーパー・ハウスでもお馴染み、マリナ役、マリア・ペドラサ。

この投稿をInstagramで見る

🖤24 Y PA LANTE 🖤🥳

Maria Pedraza(@mariapedraza_)がシェアした投稿 –

メキシコの有名な歌手・女優でもある ダンナ・パオラ。意地悪なルー役、ハマり役です。

この投稿をInstagramで見る

I needed to lose you to love me. 📷 by my love @valero_rioja 🖤

Danna Paola(@dannapaola)がシェアした投稿 –

カーラ役のエステル・エスポーシト。可愛すぎませんかね、この人。

この投稿をInstagramで見る

💛

Ester Expósito(@ester_exposito)がシェアした投稿 –

個人的に推しのアンデル役は、アーロン・パイパー。

オマール役、オマー・アユソー。濃いけど、セクシー。

「エリート」のまとめ

ペーパー・ハウスといい、スペインのドラマ、めちゃくちゃ面白いですね。
映像とかファッションとか、アメリカのドラマとはまた違ったセンスを感じられる部分があり、そういった意味でも興味深く楽しめるかと思います。

エリートに関しては、とにかく登場人物たちの絵面が抜群なので、それだけでも観る価値ありますが、それ以上にストーリー展開がよく練られています。シーズン1も2もどちらも甲乙付け難いです。シーズン1で醸成した人間関係が2でどうなるか?といったところもかなり見所があり、むしろシーズン2の方が面白いかもしれません。