ナルコス:メキシコ編【おすすめNETFLIXオリジナル・ドラマ】


ざわひろ

個人的スコア 8点(10点中)
コロンビア編とはだいぶ雰囲気が違うけど、こっちも面白い。
スロースターターなので、シーズン1の最初はダレるかも?でも、後半は激動。

「ナルコス:メキシコ編」の基本情報

シーズン数 2
話数 各10話
1話あたりの時間 およそ50~70分
IMDb 8.4
URL https://www.netflix.com/jp/title/80997085

ナルコス:コロンビア編はこちら。
ナルコス NARCOS【おすすめNETFLIXオリジナル・ドラマ】

80年代に世界を震え上がらせたメキシコの麻薬戦争はどのように生まれたのか。グアダラハラ・カルテルをめぐる、欲望と野望に満ちた真実の物語がいま語られる。
出演:ディエゴ・ルナ、マイケル・ペーニャ、スクート・マクネイリー
原作・制作:カルロ・バーナード、クリス・ブランカトー、ダグ・ミロ
(Netflixより引用)

ここがポイント!

  • コロンビア編の派手さはないものの、ジワジワと頭角を現すフェリクスの静かな恐ろしさに注目。
  • 地道に、フェリクスを追い詰めていくキキの活躍とキキ以降のDEAの決死の捜査は手に汗握る展開。
  • コロンビア編を観ていた人なら、興奮するシーンが所々に!
  • 後に麻薬王として知られるエル・チャポも出てくる。

あらすじと感想(ネタバレほぼなし)

あらすじ

1981年、グアダラハラ・カルテルはリーダーとしてミゲル・アンヘル・フェリクス・ガジャルドを迎える。その後、抗争を経て様々な麻薬組織”プラサ”を統合する。フェリクスはメキシコ政府当局を巧みに買収し、アメリカにマリファナを輸出して富を得る。フェリクスは当時のコロンビアの2大カルテルであるカリ・カルテルとメデジン・カルテルのコカインのアメリカへの輸送にも手を出す。一方で、DEA捜査官でメキシコ系のエンリケ・”キキ”・カマレナは妻と息子を連れ、メキシコのDEAグアダラハラ支局に赴任すると、メキシコ当局の組織的な腐敗を目の当たりにする。キキはフェリクスの捜査に当たり、広大なマリファナ畑を壊滅することに成功するが….。

その後、ある事がきっかけで長年にわたるメキシコ麻薬戦争が幕を開ける。DEAはフェリクスとグアダラハラ・カルテルを追う新チームのリーダー・ウォルト・ブレスリンたちをメキシコに送り、「レジェンダ作戦」を開始する。

感想

コロンビア編と比べるとスピード感に欠けるので、最初はつまらなく感じるかもしれないです、ぶっちゃけ。

ただ、ボーッと観ていると後半の怒涛の展開についていけなくなるので、ちゃんと観ておきましょう笑 後半は、絶対に面白いので。面白いというか衝撃です。

コロンビア編と物語の時期が被っているので、あの時ペーニャが言ってたのはこれか!とか、パチョがメキシコに行った時の事ね!!とか色々話が繋がって納得、みたいなシーンが多いです。

フェリクスは、エスコバルに比べると見た目もシュッとしたイケメンなので、なんか騙されそうになるのですが、DEAの立場になって「お前、今に見てろよ!」っていう気持ちで観ることをオススメします。

あと、ちょい役っぽい雰囲気で後の麻薬王エル・チャポが出てくるので、こいつは一体これからどうやってのし上がっていくんだ?というところに注目しても面白いと思います。

俳優陣について

フェリクス役は、ディエゴ・ルナ。主な出演作は『天国の口、終りの楽園。』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。左はコロンビア編のDEA捜査官ペーニャ役のペドロ・パスカル。

キキ役はマイケル・ペーニャ。『クラッシュ』、『ミリオンダラー・ベイビー』等に出演。

まとめ

麻薬戦争モノは、なんでこんなに面白いのか!

DEAとカルテルの、文字通り血で血を洗う戦いは、目を見張るものがあります。

コロンビア編を先に観た方が断然楽しめますので、未視聴の方はまずそちらからどうぞ!
ナルコス NARCOS【おすすめNETFLIXオリジナル・ドラマ】