ネクスト・イン・ファッション【おすすめNETFLIXオリジナル・バラエティ】


ざわひろ

個人的スコア 8点(10点中)
ファッション好きなら見逃せない!
毎回毎回いろんなルックを楽しめる。誰が勝つかもドキドキしながら観られます。

「ネクスト・イン・ファッション」の基本情報

シーズン数 1
話数 10話
1話あたりの時間 およそ50分
IMDb 7.2
URL https://www.netflix.com/jp/title/81026300

勝者に与えられるのは、25万ドルという高額賞金と成功への大きなチャンス。世界中で活躍するトップデザイナーたちが挑む、白熱のデザイン勝負の行方やいかに。
出演:タン・フランス、アレクサ・チャン
(Netflixより引用)

ここがポイント!

  • クィア・アイでおなじみのタンとアレクサ・チャンが司会!豪華です。
  • 審査員の顔ぶれも豪華。フィリップ・リム、トミー・ヒルフィガー、アドリアナ・リマとか出てきます。
  • 限られた時間の中で、センスと技術を捻り出すデザイナーたちに感服。息の合ったペアは応援したくなる。
  • バトル系リアリティ番組特有のギスギスした感じがなくて良い。互いをリスペクトしているのが伝わる。

クィア・アイについてはこちら。
クィア・アイ【おすすめNETFLIXオリジナル・バラエティ】

あらすじと感想(ネタバレほぼなし)

あらすじ

既に自分のブランドを持つなど、活躍しているデザイナーたちが優勝賞金25万ドルと、さらなる飛躍を求めて競うバトル番組。ファイナルまでは、2人1組のペアで戦う。レッドカーペット、プリント&パターン、下着、ストリートなど、毎回違った課題が与えられ、2日間でお題に沿ったルックを仕上げる。審査員は、司会のタン・フランスとアレクサ・チャンの2人気に、毎回そのお題に相応しい超豪華ゲストが加わる。果たして最終的にチャンピオンとなる1人は誰か…?

感想

これは一気見してしまいますね〜。

このペアは次はどんな服を作ってくれるのか?次のお題は何?と気になりすぎて、「次のエピソード」ボタンをついつい押してしまう、そんな番組です。

具体的なお題は、レッドカーペット、プリント&パターン、スーツ、下着、アクティブウェア、ロック、スポーツ、デニム…などなど。
回が進むにつれて、この人はこういうテイストが得意なんだな、とかこういう技術に長けている人なんだな、というのが分かってきて楽しいです。
審査員の着眼点なども面白く、服を着る側の人間にとって参考になることもしばしば。

息の合ったペアと、そうでないペアがいるのは仕方ないことではありますが、他のペアや相手を出し抜いてやろう、蹴落としてやろう、といったネガティブな姿勢が一切感じられないところが良いです。まあ、そういうギスギスした感情を見せつけられるのがリアリティ番組の面白いところでもあるとは思うのですが、テラハとか。でも、こういった技術やセンスを競う番組には不要な要素だと思っているので、とても気持ち良く楽しめる番組です。

途中4組8人まで絞られた時点で、その後からは個人戦になります。見ていても、実力が抜きん出ている人たちが残るので、納得です。

互いにリスペクトし合っているのが伝わる場面が多く、プロは違うな〜と感じました。私のお気に入りペアは、チャールズ&アンジェロです。アシュトン&マルコも良いんだよなあ。

あと、タン・フランスは相変わらず品も優しさもあって最高です。アレクサ・チャンはマジで可愛い。

出演者について

出演しているデザイナー陣をチラッと紹介。

紳士服が専門のダニエル。自身のブランドも持っています。仕立てが得意。ジェントルで謙虚でビューティフルで、全てが完璧、とエンジェルとミンジュが絶賛しています。

この投稿をInstagramで見る

No shoes on the colourama 👞 📷 @morganhillmurphy

DANIEL w. FLETCHER(@danielwfletcher)がシェアした投稿 –

ハリウッドのデザイナー、アシュトン。ミュージシャンのステージ衣装も手掛けるストリート・ファッション専門のデザイナー。自身のブランドも持っています。見た目とは裏腹に、お花大好きらしい。

アシュトンの相方マルコ。アシュトンとは20年来の友人。仕事も一緒にやることが多いそう。下着のブランドを持っています。日本人で似合う人は少なそうな、挑発的なアンダーウェア。

この投稿をInstagramで見る

P A N E L S W I M available at marcomarcoundewear.com

Marco Marco(@marcosquared)がシェアした投稿 –

韓国人デザイナーのミンジュ。コンテンポラリーでカラフルなデザインが得意。スポーツウェアやロックなどがお題の時は悪戦苦闘していましたが、とにかく技術とセンスが抜群です。

イタリア人クリエイティブ・ディレクターのアンジェロ。とりあえず一挙手一投足かわいい。普段はミラノを拠点としたブランドのクリエイティブ・ディレクターで裁縫や仕立ては苦手…ということで、手作業の時は悪戦苦闘していました。

司会はこのお二人。

タンはクィア・アイがタレント活動初だったそうですが、さすがにコメントも進行も上手いです。

アレクサ・チャンは何年経っても本当に可愛いしクール。

二人とも良い意味でイギリス人らしいですね。

この投稿をInstagramで見る

Coming in hot @nextinfashion #netflix

Alexa Chung(@alexachung)がシェアした投稿 –

まとめ

ファッションが好きな人にはもちろん超オススメですが、そうでない人も楽しめると思います。ものづくりの楽しさ、難しさを十分に感じることが出来るし、それと同時にバトル系番組ならではの緊張感が味わえます。

やっぱりこういう番組では必ず応援したくなるようなキャラクターの人が出てくるのも面白い要素の一つですね。