クィア・アイ【おすすめNETFLIXオリジナル・バラエティ】


ざわひろ

個人的スコア 9点(10点中)
最高。
ファブ5と友達になりたい、とマジで思っちゃいました。
自己啓発、ポジティブ系番組大嫌いな私がほぼ毎回号泣。

「クィア・アイ」の基本情報

シーズン数 4(2020年にシーズン5配信予定)
話数 各8話
1話あたりの時間 およそ40~55分
IMDb 8.6
URL https://www.netflix.com/jp/title/80160037

涙腺崩壊、間違いなし! 新たな「ファブ5」がお届けする、ちょっとしたアドバイスから感動の変身劇、涙なしには観られない驚きの暴露に、心が揺さぶられる。
出演:ボビー・バーク、カラモ・ブラウン、タン・フランス
原作・制作:デヴィッド・コリンズ
(Netflixより引用)

ここがポイント!

  • 「ファブ5」5人の個性あふれるキャラが5人5様で良すぎる。
  • 優しさやポジティブ思考の押し付けではない、心からの励ましが刺さる。
  • 依頼人の外見と内面の変わりっぷりに注目。
  • 特に、インテリア担当の仕事ぶりが毎回ヤバい。自分もやって欲しい。

あらすじと感想(ネタバレほぼなし)

あらすじ

ファッション、インテリア、フード、美容、マインドセットなど、それぞれのプロフェッショナルであるゲイ5人組「ファブ5」が、自分を変えたいけどどうしたら良いか分からない、そもそも自分は変わることが出来るのだろうか?」悩める男女をスーパー・ポジティブに変化させていく。

15年ほど前にエミー賞も受賞した大人気リアリティ番組「Queer Eye for the Straight Guy」(原題)のリブート版でもある。

オリジナル版のテーマが「寛容」なら、Netflix版では「受容」。依頼人をよりハートフルな姿勢で包み込む様に応援するファブ5と、彼らに応えるかのごとく変化していく依頼人たちの姿に涙する。

感想

この番組なんなんだ?と予備知識まったくなしで観始めたら、1話目から号泣してしまった。ポジティブオーラに溢れ、一歩間違えると善意の押し売りになりかねない要素満載の際どいラインを走っている番組だと思うのですが、不思議とセーフ。というか、余裕でセーフ。いやむしろ最高。

なんせ、ファブ5のキャラが全員良い。本当に、良い人。でも、ウザくない。言う時は言う、胡散臭くない全うさ。私も自分を変えて欲しい、と心の底から思いますね。

自信のない人、自分はダメだと感じている人を変える番組っていうと、ただ単に服装やメイクを変えて一時的に変化させる、みたいなものが多い様に思うのですが、クィア・アイは、永続的に根本的に変われるような気がしてきます。というのも、そもそも「変える」と言うよりは、「本来の自分の良さを自覚する」っていう方向に舵を切っているので、無理矢理感がないのが良いです。あくまで、「今ある自分の良さを伸ばしていく」やり方なので、観ていてとても自然です。

依頼人も結構いろんなタイプの人がいてリアルです。自信はないけど、頑なな部分が多い人、とにかくスポンジのようにアドバイスを吸収していく人。ファブ5がそれぞれの人たちのキャラクターに足並みを揃えて寄り添っていく姿が超良いです。

ファブ5について

アントニ(料理&ワイン担当)
たぶん女性ファンが一番多い。あまり料理しない人でも簡単にできるような、レシピを教えてくれる。インディ・バンド好きが羨むようなTシャツをよく着ています。

この投稿をInstagramで見る

me preparing for a week of healthy eating

Antoni Porowski(@antoni)がシェアした投稿 –

タン(ファッション担当)
一番上品な印象。オシャレだけど実用的な洋服を選んでくれる。そして、すごく褒めてくれます。Netflixでアレクサ・チャンとのファッション・リアリティ番組も始まりました。

ネクスト・イン・ファッション【おすすめNETFLIXオリジナル・バラエティ】

この投稿をInstagramで見る

Targeting high cholesterol and high blood pressure.

T A N . F R A N C E(@tanfrance)がシェアした投稿 –

ボビー(インテリア担当)
この人の仕事が一番労力使います。この部屋を一体どうしちゃうの?と毎回思います。

この投稿をInstagramで見る

Lookin through the light #goldenglobes #netflix

Bobby Berk(@bobby)がシェアした投稿 –

カラモ(カルチャー担当)
唯一の黒人。依頼者のトラウマなど、心理面で深く関わっていきます。二児のパパ。

ジョナサン(美容担当)
一番ゲイっぽいな、と感じさせる所作の多い人。可愛らしい。この人の手にかかればボサボサダサダサヘアも解決。

この投稿をInstagramで見る

In love, In Paris 💗🏳️‍🌈

Jonathan Van Ness(@jvn)がシェアした投稿 –

「クィア・アイ」のまとめ

とにかく最高の一言に尽きます。

2019年には日本版も配信されているので、名前だけは知っているよ、という人も多いのではないでしょうか。

宣伝では、とにかく明るいゲイ5人がみんなをポジティブにするよ!みたいな面が前面に押し出されていますが、結構シリアスな回もあります。

疲れている時などに観ると、勝手に元気付けられるので、おススメです。